ブログのこと

わたしが佐倉はとこになった理由とブログをはじめたきっかけ

こんにちは。

佐倉はとこです。

2018年5月1日より、「はとこのごきげんブログ」をはじめました。

なぜ、ブログをはじめたのか?

わたしは、自分のすきなことをもう一度思い出すためにブログをはじめました。

はてなブログとの出会い

わたしはずっと、自分がどうしたいのか?ではなく、「フツウの人になりたい・・・!」と思って、理想の姿を演じて生きてきたように思います。

気が付いたら、自分のすきなことや心地よいと感じるものがなんなのかわからなくなっていました。

集団行動が苦手で苦痛だった学生時代を経て、なんとか就職して社会人(保育士)になったけれど、すぐに体調を崩してしまいます。

当時は、メンヘラという言葉が出始めたころで、あぁ、わたしはメンヘラなんだ…頭がおかしい人なんだ…とすごく落ち込みました。

働いたり、休んだり。

そんなことを繰り返していたのですが、

2016年。

趣味である喫茶店巡りの記録をつづったブログをはてなブログではじめたんです。

喫茶店めぐりのブログを、自分の居場所のひとつにした

当時は、パソコンすら持っていなくて、タイピングもできませんでした。

自分にパソコンはできない!と思い込んでいたのですが、Amazonで2万円のノートパソコンを買って、やってみたら、できたんです。

夜眠れないし、朝は動悸がする。いつもだるいし、胃が痛い…

こんな日々が続き、少し休養しようと仕事を辞めると、職業名や肩書きがなくって、毎日が不安で休めない。

調子が戻って、また働こう!とは思うのにハローワークすらこわくて行けない。

アンケートなどに答えるとき、会社員・パート・アルバイト・自営業などのチェック欄がありますよね?どこにもあてはまるものがなくて、じぶんが何者なのかわからなくって、すごくつらかったです。

気分転換に散歩しようにも、田舎なので日中行くところがなくて、だけど、このままでは自分がおかしくなってしまう気がして、必死に居場所を探していました。

人があまり来ないようなレトロでひっそりとした喫茶店を訪れては、写真をとって加工して、それをブログにアップする毎日。

当時は、喫茶店と、本屋さんと、図書館がわたしの居場所でした。

(あれ?今もそんなに変わらないな…)

そこに、ブログが追加されたのです。自分の居場所がないなら、ここを居場所にしようと思ったんですね。

ブログを書いていたら、共感してくれる人が現れた

そんな喫茶店めぐりのブログを1年続けて書いていると、メールやツイッター経由で「いつもブログを楽しみにしています。気になっていたお店ですが、ひとりで行くのは緊張したので、参考になりました。」と嬉しいメッセージをいただきました。

そして、

あなたの、心にそっと染み入るような文章がだいすきです。

感受性が高く生きづらい気持ちに共感し、自分だけじゃないんだ…と安心しました。

など、わたしの内面についてコメントをくださる方も増えて、

本当にブログをはじめてよかったなぁ…と涙が止まりませんでした。

自分は何もできなくて、生きている意味ないなぁ…

人との関わりが苦手なわたしは、社会に必要とされていないなぁ…

毎日しにたいなぁ…

と考えていたのに、共感し、応援してくれている人がいる。

こんな自分でも、役に立つことがある。

そのことが、本当にうれしかったし、救われました。

やりたくないことや無理をしなくてはいけないことはやらず、自分にやさしくすることができれば、世界が変わること。

自分をごきげんに保つことを最優先にしていいこと。

他人は変えられないけれど、自分の考え方や、認知のくせは変わること。

これらのことに、やっと気が付いたのです。

それから、たくさんのブログや本を読みました。

  • 自律神経を整えることの大切さを伝える本
  • 胃腸を整えることで、脳や心に良い影響を与えると教えてくれた本
  • 仏教の教えを学び、心を落ち着ける本
  • ブログで収益を得て生活している人のブログ
  • 最低限の収入を得て、幸せに暮らす生き方

まだまだ自分の知らない世界や生き方があることを知りました。

知ることで、心が楽になって、生きやすくなりました。

わたしは、ブログや書籍にたくさん救われたので、「はとこのごきげんブログ」も同じように、敏感すぎて生きづらい方のこころとからだが少しでも楽になるようなブログにしていきたいです。

そして、自分のすきなことを整理して、堂々と伝えられるようになりたいです。

はとこのごきげんブログは、グーグルアドセンスとアフィリエイトサービスを使い、収益化をもりもりがんばるブログにします。

すきなことを忘れないように、ブログを書く

なんだかたくさん書いてしまいましたが、こうして、文章を書くことがすきなんです。楽しいです。今、感情がドバァ、と溢れてすごいことになっています。

そういえばわたし、小学生のころから、作文がすきだったよね。

誰かのことを考えながら、お手紙を書くのがすきだったよね。

文章を書くことがすきなんだね・・・

自分のことなのに、そんなことスッカリ忘れていました。

他人と比べて焦ったり、自分を見失ったりすることが多いので、「あぁ、これたのしい!」と思ったことは、iPhoneのメモに書き留めています。そして、ブログにまとめます。

今でも、

「すきなことは何ですか?」

「得意なことは何ですか?」

「自己PRをお願いします」

こんな風に聞かれたとき、言葉が出てこないです。

けれど、大丈夫。うちに帰って、深呼吸して、ひたすらパソコンに文字を打ち、ブログという形で発信すれば思い出すことができるのですから。

あわせて読みたい
佐倉はとこのプロフィールはじめまして。 「はとこのごきげんブログ」を訪問してくださり、ありがとうございます。 このブログは、敏感肌と大人ニキビに悩む30代の...